iPhoneをバックアップから復旧するとi.softbank.jpメールアドレスが消えた時の対処法

昨年5月、あと少しで機種変更から2年、そしてiPhone7が発売!というときにiPhone6+が何らかの理由で通話ができなくなってしまいました。
保証期間も切れ、有償修理で5万円ほどかかるとのことだったので、仕方なくiPhone6S+に機種変更しました。


あれから約半年ほどたち、今年に入ってからというもの、iPhoneの調子が悪い悪い。
ひどい時は1日に2回ほど強制再起動が必要になったり。
wi-fi環境にいるのに4G接続になって、アンテナはちゃんと4本立っているのになぜだかネットに繋がらなくなったり。
映画を見て入る途中でボリュームを上げ下げすると、ボリューム表示が消えないままだったり。
再起動してもリンゴマークのままだったり・・・・
そしてこの5月、ほぼ毎日のように起こるようになってきたので、工場出荷状態にしてバックアップから復旧してみることに。

まっさらになったiPhoneを、バックアップから復旧!!!!
の途中で、進まなくなってしまいました;;
再起動するとステップが1個進んでまたフリーズ。
そのうち、何度やっても進まない状況に。

やむなくアップルストアに行きましたが、なななんと!
5/7で1年が過ぎていた。(T . T) 今日は5/9。

まぢかよっ!
無駄にお金がかかるじゃん!って思ったその時、店員さんの口から出た言葉は、
AppleCare+に入って入るので、保証は2年までいけますね!検査して本体の自然故障ということになれば、無償で交換できます」

すっかり忘れてたよ。(゚∀゚)
AppleCare+に入ってたの。
普段なら絶対入らないのに、前回の故障時に2年立たないうちに全取っ替えになってしまったので、
今回は念のために入っていたのでした。

さて、新品に交換されたiPhone6S+
昨日iCloudにデータをバックアップしていたので、早速バックアップから復旧の作業。
と言っても大したことをすることもなく、アクティベート時にバックアップデータを選んでポチッとするだけ。
だいたいはこのバックアップをしていなく、色々消えてしまった!という人が多いように思います。
PCを持っていない環境であればなおさら。
おすすめなのは、毎月400円ほど支払いをすると、デフォルトで5ギガのiCloud容量が200ギガに容量が増えます。
200ギガもあれば、相当なデータをアップできるので、iPhoneのバックアップも容易です。

そんなこんなでメールも写真もアプリも元どおり。
おや? i.softbank.jpのメールが消えてるぞ???
早速色々調べると、解決方法がありましたので、紹介したいと思います。

1:
まずはWi-Fiをオフ設定にします。
Wi-Fiがオンになっていると、進めることができません。

2:
次に、http://sbwifi.jp/ へアクセスし、「同意して設定開始」をタップします。

3:
SMSが送信されたので、iMessagesを確認します。

4:
同意して設定のURLから設定画面に飛びます。

5:
プロファイルのインストールを開始します。

6:
署名されていない・・というような不安になる文章も気にせずインストールします。
途中パスコードを聞かれますが、初期設定時に入力設定したパスワードですので、大丈夫ですね?

7:
メールを送った際、相手にわかるように名前を設定します。
*普通に苗字 名前が良いと思います。

8:
インストール完了です!

9:
無事メールアドレスが登録されて使えるようになりました!。

同じようなことで困って入る人のお役に立てられると幸いです。

SNSでもご購読できます。